• Q&A

お灸にはどんな効果がありますか?

A.身体を温め、免疫力を高めるなどの効果があります。

鍼灸学校の教科書の記載

鍼灸学校の教科書に書かれているお灸の効果の記載は以下のようになっています。

  • 消炎作用: 白血球数の増加、リンパ系賦活
  • 防衛作用: 生体の防衛能力を高める
  • 転調作用: 自律神経失調症やアレルギー体質を改善

お灸が効くメカニズム

お灸をしますと、一瞬熱がツボに入り、ツボを通して身体に刺激が入っていきます。

その熱による刺激は、全身に張り巡らされている経絡というシステムを通して全身に波及していきます。その全身への効果として大きなものは、身体の免疫力を上げることです。特にNK細胞(ナチュラル・キラー細胞)を活性化します。このNK細胞とは身体のパトロール役です。このパトロール役が活性化するということは、身体の免疫力が上がることを意味し、病にかかりにくい身体を作ることになります。
また、お灸の熱が全身に波及した後、気持ちよく身体が緩みますので、リラックス効果もあります。

お灸は古来から使われている治療方法で、日本各地にはさまざまなお灸の方法が伝承されております。
各方法にそれぞれの効果があるかと思いますが、その多くは冬の本格的到来の前に風邪をひかないように行われるものや、夏の土用に夏ばてをしないように行われるほうろく灸など、予防のために行われていることも多いようです。
また、こどもの疳の虫のように、健やかな成長のためにも用いられてきました。

このように、現代の研究によってお灸をすると免疫力が上げることが確かめられてきていますが、古来の人は免疫力という言葉は知らなくても、お灸のその効用をよく知っていたようです。このように伝統医療の一つであるお灸には、先人の知恵が込められています。

PAGE TOP