鍼灸でお肌の調子は良くなりますか?

A.鍼灸でお肌の調子も良くなります。

鍼灸治療を継続的に受けていますと、お肌の調子はよくなります。
表参道・青山・源保堂鍼灸院の特徴である鍼灸治療・本治法を受けていますと、五臓六腑のバランスが正常になり、全身の気・血・津液(しんえき・水分のこと)が充実して、皮膚にも十分な栄養が届くようになりますので、その身体の中の反映として、皮膚表面に艶が出てきます。これは、東洋医学・鍼灸の古い書物にも、“健康な人は肌の艶が在る”“治療がうまくいくと腎脂(じんし)という身体の中から出るツヤが現れる”という記述があり、これは身体の中から改善されている身体皮膚の艶を表現したものです。
表参道・青山・源保堂鍼灸院では、症状が取れた後も、お肌のためや美容のために定期的にご来院なさる女性の方も多くいらっしゃり、実際にお肌が明るくなったと化粧品屋さんで言われた方などもおります。

また、場合によっては星火亀鹿仙と呼ばれる漢方薬の理論を基にした健康食品がありますので、そちらも併用していただくと、お肌の調子の変化は早くなることが多いです。
その他にも、ニキビや肌荒れなどに効果があるイスクラ産業の清営顆粒という漢方薬もありますので、症状によっては鍼灸と同時に清営顆粒も同時に飲んでいただけると、鍼灸と漢方薬の相乗効果でお肌がきれいになることと思います。

PAGE TOP