特長7.医食同源のアドバイス

医食同源・薬食同源のお話し

身体の基本は食事から

私たちの身体は、私たちが普段食べている食事からできています。

身体は常に代謝をし、古いものを新しいものへと入れ換えながら身体を養っています。
例えば、代謝をしていないと思われがちな骨も、2年くらいかけて入れ替わっていると言われています。

日々の食事は、積み重ね。
良い食事をすれば、良い身体になりますし、
悪い食事をすれば、悪い身体になるのは当然であります。

医食同源・薬食同源

東洋医学では、薬膳という分野があります

東洋医学が発祥した中国では、古来、皇帝の食事を担当する「食医」という官職がありました。
この「食医」は、とても位の高いもので、医師と同じ地位があり、医療の一つとして活躍していたそうです。

このような考えから、東洋医学には、「医食同源」「薬食同源」ということが言われつづけてきました。

『本草綱目』中国書店発行 (C)表参道・青山・原宿・渋谷エリアにある源保堂鍼灸院

現代に伝わる『本草綱目』などを参考に、そして現代栄養学のことも考慮に入れながら、アドバイスいたします。

より本格的に食養生の指導をしてほしいという場合は、源保堂鍼灸院・薬膳部の「薬膳相談室」をご利用ください(「薬膳相談室」は、特別に時間を割きますので、有料となります)。

薬膳相談室へ

 

PAGE TOP