特長2.身体に負担をかけない鍼

源保堂鍼灸院の鍼灸の特長(C)表参道・青山・原宿・渋谷エリアにある源保堂鍼灸院

身体に負担をかけない鍼を採用しています

とても細い鍼を使用しています

鍼というと、注射の針を思い浮かべる方も多いかと思います。
しかし、鍼灸の鍼と注射の針とでは、その太さ、形状からしてかなりの違いがあります。

omotesando tokyo japan acupuncture clinic 源保堂鍼灸院 表参道・青山・原宿・渋谷エリア源保堂鍼灸院で使用している鍼は、0.16ミリ。
日本人の髪の毛の平均が0.08ミリ。太めの方で0.15ミリと言われているので、いかに細いかが分るかと思います。
ツボを通して伝わる感触をつかむためには、このくらいの細さがちょうど良いとされています。

身体に負担のない髪の毛ほどの細い鍼を使用し、身体の中を流れる気・血・津液(水)のバランスを整えていきます。

使用するツボは少なめです

鍼灸施術の写真を見ると、まるでハリネズミのようにたくさんの鍼をしているものがあります。
これはこれで一つの方法論ではありますが、当院では、こういったたくさんの鍼は、身体へ負担をかけることが多いと考えておりますので、本当に必要なツボにのみ施術をしていきます。

使用している鍼やツボが少ないため、中には手抜きをしているとか、物足りないと思われる方もあるようですが、身体に負担をかけずに、かつ一つ一つのツボが力を発揮できるように、厳選してツボを選択するので、たくさん鍼をする方法に比べて、洗練された施術とも言えます。

痛いところ・患部には鍼をしません

鍼というと、痛いところに鍼をするイメージがあるかと思います。
しかし、源保堂鍼灸院では、痛いところやこっているところに直接鍼をすることはありません。
直接患部に鍼をしても、効果は一時で、場合によってはより症状が悪化することがあります。
本当の施術を目指すためにも、症状があるところには直接鍼をすることはありません。
※ もしたくさん鍼をして欲しいという場合は、ご希望に沿えませんので、他の鍼灸院をあたってみてください。

常に全身の調整を心がけています

源保堂鍼灸院が施術する「本治法(ほんちほう)」は、症状のある部分だけを調整しようとするものではなく、身体と心の全体を調整していくものです。

“全身を調整をする”といっても、たくさんの鍼を全身のツボに刺していくわけではありません。
鍼やツボというものは、闇雲に乱用するものではなく、東洋医学独自の診断方法に基づいて、季節の順行などを考慮しながら、本当に必要なツボを見つけ出し、的確な刺激量で鍼を施すことが大切になります。

他の鍼灸治療に比べて使用するツボが少なく、また、患部へ鍼をすることがないので、中には物足りなく思われる方もありますが、むしろ不必要なツボへの施術がないので、身体への負担が少なく、少数のツボが健康のために最大限の働きをしてくれるという特長があります。

※ 鍼灸施術の効果は、症状の軽重、体力の有無などにより個人差があります。
※ 鍼灸を含め、東西両医療には可能性もあれば限界もあります。症状によっては効果が出ないこともあります。
※ 全ての方に同様の効果が出るとは限りませんが、これまでの施術経験や、患者様からの声を反映して当サイトは構成されております。

【その他関連ページ】
鍼灸道具 (C)表参道・青山・原宿・渋谷エリアにある源保堂鍼灸院

 

 

PAGE TOP