小児鍼とは?

小児鍼とは?

現在の小児鍼について
現在、源保堂鍼灸院では、小児鍼の新規の受付は、諸事情によりお休みさせていただいております。
尚、今後の小児鍼再開の目処は立っておりませんのでご了承下さい。
※ これらのコンテンツは、小児鍼というものをご理解していただくために消さずに遺していることをご了承下さいませ。

お子様の健やかな成長のために

小児鍼は、刺さない鍼。気持のいい鍼。

0歳児から中学入学くらいまでのお子様のために、全く鍼を刺さないで、なでさするようにしていくものです。鍼という名称は付いておりますが、刺さない鍼が、「小児鍼(しょうにしん)」です。

小児鍼でも本治法をしています。

赤ちゃん ・子供は陽の気が多いため、軽い刺激で十分な効果が上がります。どこというつぼではなく、全身を撫で擦ることでその効果は身体全身に伝わります。
表参道・青山・源保堂鍼灸院では、なでさする小児鍼に加えて、本治法のツボも使用していきますので、効果がより確かなものになります。
※ 小児鍼の本治法は、金のてい鍼を使って表面からやさしく当てるだけです。

 

PAGE TOP