お気軽にいらしていただけたらと思います

雑談-ブログ-(C)表参道・青山・原宿・渋谷エリアにある源保堂鍼灸院

取材のこと

小さな鍼灸院なのでコツコツと

源保堂鍼灸院は、現在のところ鍼灸師一人(男性)、薬膳師兼受付一人(女性)の小さな鍼灸院です。
(源保堂鍼灸院のスタッフプロフィールはこちら

小さい鍼灸院なのですが、そのわりにはこれまで取材は多い方ではないかと思います。
取材をされる鍼灸院というと、大きなところとか、超有名なところとか思う方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

どうして取材が多いのかよくわからないのですが、私たちが自負していることと言えば、一人ひとりの健康の実現のためにと日夜研鑽に励んでいること。
この辺りの情熱は、他の鍼灸院には負けないと思っております。
度々取材の依頼を受けるのは、そういった熱量が通じてのことなのかと思います。

“取材”と言いますと、中には取材を受ける側がお金を払ってまでしてやる宣伝もあるようですが、源保堂鍼灸院がこれまで受けた取材は、全て取材先様から依頼を受けてお応えしたものばかりです。
鍼灸院の中には、こういった取材は時間が取られるだけだという考えから受け付けないところもあるようですが、源保堂鍼灸院では、取材は東洋医学の良さを広めるための大切な機会と考えており、ひいてはそれが、読者や視聴者が東洋医学の良さを享受するきっかけになることもありますので、可能な限り承るようにしております。

日々の鍼灸治療の研鑽もコツコツと、そして取材で東洋医学を広めるのもコツコツと、といった地道なことの連続であります。

お気軽にいらして下さいませ

私も、例えばテレビで観たレストランなど、おいしそうだなぁというところは足を運ぶことがあります。
で、そういうときはちょっと緊張します。
“この人はテレビを観てきたんだな、って思われたらどうしよう~”とか、“テレビに出るくらいだからすごく敷居が高いんじゃないかなぁ~”とか、いろいろと考えてしまいます。
しかし実際行ってみると、案外そうでもなくて、とても気さくに接してくれるものです。
緊張していたのは自分だけだったのか、みたいなところがあります。

こんなことを思い返してみたら、もしかしたら、源保堂鍼灸院の取材記事を読んでいただいている方も、私と同じようなことを思っていらっしゃるのではないか?とふと思いました。

しかし、ご心配なさらないで下さい。

源保堂鍼灸院は、上述したように小さな鍼灸院です。
気軽にいらしていただけるところです。
もちろん取材記事を読んで興味を持っていただき、ご連絡をいただいても全然大丈夫です。

取材を受けたからといって驕ることなく、鍼灸の技術や内容や、薬膳のアドバイスなどは日々研鑽・向上しております。

敷居を高いと思われずに、お気軽な気持ちでいらしていただけたらと思います。

ご予約について

取材をされる鍼灸院と聞くと、毎日予約で一杯だと思われるかもしれません。

しかし、当院の鍼灸は、1回の施術が30分程度にぎゅっとコンパクトになっているため、一日のご予約可能枠数が多いため、意外と空いている日も多いです。

ただし、初回の場合は30分の施術時間の他に、詳しい問診や施術の説明などを行いますので、1時間ほどいただいておりますため、1時間の枠が取れないこともございますが、それでもずっと先のご予約になるようなことはありませんので、もし、“今日不調だから今日診てもらいたい!”というご要望がございましたら、空いている枠をご案内差し上げますので、お気軽にお問い合せ下さい。

ということで、長々お話をしてまいりましたが、源保堂鍼灸院は気軽に寄れる鍼灸院です。
東洋医学らしい施術でお迎えいたしております。

どうぞよろしくお願いいたします。

ご予約についてはこちらから。

 

 

omotesando tokyo japan acupuncture clinic 源保堂鍼灸院 表参道・青山・原宿・渋谷エリア

表参道・青山・源保堂鍼灸院
Tel. 03-3401-8125
https://genpoudou.com/

ご予約はこちらから

関連記事

  1. 雑談-ブログ-(C)表参道・青山・原宿・渋谷エリアにある源保堂鍼灸院
  2. 雑談-ブログ-(C)表参道・青山・原宿・渋谷エリアにある源保堂鍼灸院
  3. 雑談-ブログ-(C)表参道・青山・原宿・渋谷エリアにある源保堂鍼灸院
  4. 雑談-ブログ-(C)表参道・青山・原宿・渋谷エリアにある源保堂鍼灸院
  5. 雑談-ブログ-(C)表参道・青山・原宿・渋谷エリアにある源保堂鍼灸院
  6. 雑談-ブログ-(C)表参道・青山・原宿・渋谷エリアにある源保堂鍼灸院

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP