未病治療

コラム東洋医学ってなに?(C)肩こり・腰痛・寝違い・頭痛・生理痛など源保堂鍼灸院Tokyo Japan Acupuncture Clinic

健康と未病

東洋医学には、「未病(みびょう)」という言葉があります。これは、健康と病気の間にある状態で、何かしら不快症状があるが、まだ病気というほどでもない、かといって健康というほどすっきりしない・・・という状態のことを指します。

図にしてみるとこのような概念です。

予防・未病・病気 鍼灸がカバーする範囲(C)表参道・青山・原宿・渋谷エリアにある源保堂鍼灸院Genpoudou Acupuncture Clinic Tokyo

この未病のとき、我々の体と心は、完全な健康とは言えませんので、当然ながら不快な症状が出てきます。しかし、このような未病の状態で病院などで検査しても、数値的な異常が出ないことが多く、病名も付かないことから、薬や処置もないことが多くあります。病院へ行っても、原因も分からず処置もない・・・しかし依然として不快症状が残り、その症状に悩まされ続ける・・・。こういう状況が続きますと、不安と不快感が募ってしまい、日々の生活全体が暗いものになってしまいます。そしてこの図を見てもお分かりいただけるように、健康と病気の間にある「未病」の範囲は広いものですので、病気だと思って病院に行ってみたところ、意外と処置がなかったり、検査結果に異常が出なかった場合の多くは、この未病にあたることが多くなります。

我々は、健康なとき、病気にならないように「予防」ということをします。例えば冬の季節ですと、風邪をひかないように手洗いやうがいをしますが、これは風邪にかからないためのもので、健康な状態にしておく「予防」になります。そしてもし予防をしていても、風邪になってしまったら、次に風邪薬を飲んで「治療」をします。
しかし、不快症状があるが健康とも病気とも言えないようなとき、風邪でいえば咽が少し痛い、頭が少し痛いというとき、まだ風邪の「治療」では行き過ぎで、またすでに症状が出ているので、単なる「予防」だけでは足りません。このようなときこそ、東洋医学の「未病」という概念を使うことで、この健康とも病気ともいえない「未病」の状態にアプローチすることができ、より積極的な「未病治療」を行うことができます。
今、風邪を例に上げましたが、風邪だけでなく、多くの病気の場合、健康から徐々に病気に向かっていくので、「未病」の状態が存在します。また、ちょっとした季節の変化などで身体がバランスを崩したとき、我々の心身は揺さぶられますので、健康状態を超えて、「未病」のゾーンに入ってしまうことが少なくありません。このように、「未病」は病へ向かうあまり良くない状態でありますので、「未病」のゾーンに心身が入ったときには、その「未病」の状態に合わせた、「予防」よりもより積極的な「未病治療」が必要となります。
また、病を未病の段階で治しておくことは、まだ体力もあり、自己回復力がある時期なので、心身の回復もまだありますので、治りも早いといえます。

未病を解説する『類経』(張介賓著)の本文。 (C)表参道・青山・源保堂鍼灸院右の写真は、今から500年前に書かれた『類経』という古医書の一ページで、ここでは『黄帝内経・素問』のある未病を解説しています。ちょうどこの写真の真ん中にあるタイトルに、しっかりと「治未病」と書いてあることが分かると思います。
このようにすでに東洋医学では、はるか昔からこの「未病」という身体の状態を捉えており、そして、この未病のうちに治療をしておきましょう、ということを記しています。
実際に、鍼灸治療を受け続けている当院の患者様方からは、「今年の冬は風邪をひきませんでした。」「今年は花粉症が楽です。」というように、予防+未病治療が功を奏し、体質改善ができたお声をいただきまきます。

鍼灸治療の良い面は、このように「未病」の段階から心身にアプローチをして、健康な状態に身体を戻すことができること、そして、治療を受け続けることで体質改善をし、病にかかりにくい身体を作る「予防」ができる、というように、「予防+未病治療」の両面をできるところにあります。普段から健康の幅を保ち、抵抗力をつけることができることにあります。東洋医学における身体の虚実、治療の補瀉を解説した図。 (C)表参道・青山・源保堂鍼灸院 どうか鍼灸治療を身近なものとして、日々の生活に取り入れ、「早く治せば、早く治る、未病の知恵」を合言葉に、健康な心身と充実した毎日を取り戻してみてはいかがでしょうか。

 

瀬戸郁保 Ikuyasu Seto

源保堂鍼灸院の院長をしています。

“人生を楽しく過ごすこと” 、これが東洋医学の根幹にあります。
つらい症状で人生までもが暗くならないよう、豊かな人生のためのご相談にのれたらと願っています。

関連記事

  1. 北京研修の旅 北京中医薬大学・日本校(日本中医学院)(C)表参道・青山・原宿・渋谷エリアにある源保堂鍼灸院
  2. 北京研修の旅 北京中医薬大学・日本校(日本中医学院)(C)表参道・青山・原宿・渋谷エリアにある源保堂鍼灸院
  3. 東洋医学のお話し(C)表参道・青山・原宿・渋谷エリアにある源保堂鍼灸院Acupuncture Clinic Tokyo Japan
  4. コラム東洋医学ってなに?(C)肩こり・腰痛・寝違い・頭痛・生理痛など源保堂鍼灸院Tokyo Japan Acupuncture Clinic
  5. コラム東洋医学ってなに?(C)肩こり・腰痛・寝違い・頭痛・生理痛など源保堂鍼灸院Tokyo Japan Acupuncture Clinic
  6. 源保堂鍼灸院について(C)表参道・青山・原宿・渋谷エリアにある源保堂鍼灸院Tokyo Japan Acupuncture

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP