【今週のひとこと養生訓】「先天と後天、あわせて正気」2021年11月霜月・第4週

今週のひとこと養生訓(C)表参道・青山・原宿・渋谷エリアにある源保堂鍼灸院Tokyo Japan Acupuncture Clinic

【今週のひとこと養生訓】
「先天と後天、あわせて正気」2021年11月霜月・第4週

この記事のポイント
体のエネルギーである気。気にはいろいろな名称がありますが、免疫力とも関係している最も基本的な気のことを「正気」と呼びます。この正気は先天と後天が合体してできたものです。そこで後天をつくる胃腸を大切にしてほしいなと思います。

胃腸の疲れが出てくる今日この頃

 先週の皆様のお身体をみていますと、胃腸が疲れている方が多かったように思います。

 寒くなってきましたので、お腹が冷えたり、足元から冷えが昇ってきたりするようになっています。また、時期的に飲み会なども増えているということもあるかもしれません。

 これから12月、1月と進んでいくにつれて、胃腸が疲れる行事が増えてきますので、いまいちど胃腸の大切さに気付いていただけたらと思います。

 お酒にしてもケーキにしても、いずれもたのしい時間です。
 しかし、過剰になってしまうと不調の元になってしまいます。

 人の身体には個性があります。
 肝臓が強い人、胃腸が強い人、その逆もあります。

 体調を崩さないような、自分にとっての適量というものがありますので、そんな自分の身体の個性と向き合いながら、この季節のたのしさを味わえたらと思います。

 胃腸を大切にする、これは後述する「後天の気」を維持していくことに他なりません。

先天と後天

 体を守ってくれる自分のエネルギーのことを、ざっくりというと「正気」といいます。この正気は体のエネルギーであり、体を守るものでありますから、免疫力とも関係してきます。「正気」は常に大事なものではありますが、とくにこれからは寒くなって風邪を引きやすい季節に入りますので、より一層の養生が必要となります。

 この正気は、「先天の気(略して先天)」と「後天の気(略して後天)」という二つの気が合わさったものです。

 先天とは、お父さんとお母さんからもらってきたもの。これは胎児のときに貯めてきたものになりますので、限りがあります。今から増やそうと思っても、急激に増やすことは出来ません。大事に大事に使っていくことを心がけないといけません。

 この先天を助けて、なるべく減っていく速度を抑えてくれるのが後天です。
 この後天は、この世に産まれ出た後に補給していくもので、呼吸と飲食物になります。この後天は、先天を助け、先天の減りを抑えてくれる存在です。
 後天は呼吸と飲食物ですから、どうしても外から取り入れなくてはいけません。そこで、その質を上げるための食養生としての薬膳があり、体を快適に動かす気功や呼吸法といったものがあるわけです。

 先天は腎に格納されているものなので、この冬の季節(=腎の季節)を大切に過ごすことで、先天を保持することができます。

 繰り返しになりますが、「先天+後天=正気」になりますので、先天を助けていくためにも、この時期は後天をつくる胃腸もまた大切にしいただけたらなと思います。

おすすめの漢方薬・漢方レメディ

後天によい漢方薬・漢方レメディ

  • 健胃顆粒
  • 健脾散エキス顆粒
  • 心脾顆粒
  • 補中丸
  • 晶三仙
  • 勝湿顆粒
  • 小建中湯エキス製剤
    など

先天によい漢方薬・漢方レメディ

  • 参馬補腎丸
  • 参茸補血丸
  • 亀鹿仙
  • 蘭州腎気丸(八味地黄丸)
  • 双料参茸丸
    など

 漢方薬はさまざまな種類がありますが、これは、体の何をどのように補いたいかで設計が変わるためです。漢方薬の設計と患者様の身体が合うかどうか、そこを見極めるためには漢方薬の知識がある相談員でないとできません。当院では、鍼灸鍼療で身体をみながら体調の相談にのることができますので、ご希望の方はお気軽にご相談ください。

 漢方薬については、鍼灸の鍼療だけでは効果が追いつかない場合や、鍼灸の鍼療を頻繁に受けられない場合などは、こちらからも漢方薬で補助をしていくことをお勧めすることがありますが、基本的には患者様からの自発的なご希望を大事にしておりますので、お気軽にご相談ください。

これまでの『ひとこと養生訓』はこちらから

https://genpoudou.com/category/one-point-curing-advice/

感染防止対策について

日本鍼灸師会の感染防止対策を実施

 源保堂鍼灸院が所属している日本鍼灸師会では、感染防止対策のチェックリストを作成しております。

 ただいま当院では、その感染防止対策チェックリストを元にした対策をしております。

 これからも、皆様が安心してご来院できるように努めてまいります。

 ※ご予約(キャンセルや時間変更がないようになど)やご来院(時間通りにご来院いただくことなど)のことで、患者様にもご協力を求める場面があります。ご協力いただきまして、誠にありがとうございます。

 鍼灸院は医療機関であります。
 そして、医療は皆様の健康のためにあります。
 このような状況になって、皆様のご健康に寄りそう鍼灸や東洋医学が求められていると思います。

 源保堂鍼灸院は、皆様の健康のとまり木、そして総合的な東洋医学のケアとして、これからも研鑽を続けていく所存でおります。

 鍼灸院は、病院ではカバーしきれない日常生活の不調の相談にのるところです。

 いわば、“かかりつけ鍼灸院”です。

 患者様、ご家族の方のための医療機関として、源保堂鍼灸院はこの時期もしっかりと皆様のサポートをしてまいりたいと思います。 

具体的な当院の感染症対策

  • 院内の換気を十分に行う
  • 院内の消毒を十分に行う
  • 施術時の手指消毒をいつもより濃い消毒液で行う
  • 3密にならないように配慮する
  • 感染症に対する情報を常に収拾し、提供する
  • スタッフはマスクを着用する
  • 国の接触アプリを活用する

※ 院内はとても狭いため、3密にならないようにご予約時間ちょうどにいらしていただいております。皆様のご協力を賜りたいと思います。

ご予約に関して

 ただいまみなさまには、ご予約の日時を2週間以内くらいのものにしていただいております。
 といいますのは、医療機関といえども、政府や自治体、そしてお勤めの会社などから移動の制限をされる可能性もあり、また、ご予約日直前で発熱などがあった場合は受鍼をお断りせざるを得ないこともありますので、あまり先のご予約は予定が立ちにくいからです。
 ご配慮いただきまして、ご予約をいただけたらと思います。

 また、このような状況になりまして、みなさまそれぞれの生活環境なのかで時間を割いてご予約を取っている方がほとんどです。
 安易なキャンセルや時間変更は、他の方のご予約の妨害行為となりますので、度重なる場合は今後の鍼療をお断りしますので、合わせてご賢察ください。

回数券に関して

 回数券は、緊急事態宣言がありましても、有効期限の延長などはしておりません。

 また、これまで回数券の有効期限は1年でしたが、過去三回の緊急事態宣言を振り返って熟慮した結果、今後は回数券の有効期限を3か月にさせていただきます。 
 
 これまで回数券があるからいらしていた方にとっては大変申し訳なく感じておりますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 尚、現在お持ちいただいている回数券に関しては、そこに記載されている有効期限で承りますので、その期限までにお越しいただけたらと思います。

感染予防のために、みなさまにはご協力をいただきまして、誠にありがとうございます。

源保堂鍼灸院・薬戸金堂

東洋医学・中医学といえば
東京の表参道の
源保堂鍼灸院・薬戸金堂
皆様のご健康、充実した楽しい人生のために
お気軽にご相談ください

東京都渋谷区神宮前4-17-3
アークアトリウム101
TEL.03-3401-8125

(C)肩こり・腰痛・寝違い・頭痛・生理痛など源保堂鍼灸院Tokyo Japan Acupuncture Clinic

関連記事

  1. 今週のひとこと養生訓(C)表参道・青山・原宿・渋谷エリアにある源保堂鍼灸院Tokyo Japan Acupuncture Clinic
  2. 今週のひとこと養生訓(C)表参道・青山・原宿・渋谷エリアにある源保堂鍼灸院Tokyo Japan Acupuncture Clinic
  3. 今週のひとこと養生訓(C)表参道・青山・原宿・渋谷エリアにある源保堂鍼灸院Tokyo Japan Acupuncture Clinic
  4. 今週のひとこと養生訓(C)表参道・青山・原宿・渋谷エリアにある源保堂鍼灸院Tokyo Japan Acupuncture Clinic
  5. 今週のひとこと養生訓(C)表参道・青山・原宿・渋谷エリアにある源保堂鍼灸院Tokyo Japan Acupuncture Clinic
  6. 今週のひとこと養生訓(C)表参道・青山・原宿・渋谷エリアにある源保堂鍼灸院Tokyo Japan Acupuncture Clinic

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP